三菱アルミCSR報告書2012
7/12

Corporate Social Responsibility Report 2012Management ReportCorporate Social Responsibility Report 2012Management Report6地球温暖化対策の有効手段として脚光を浴びているのが鉄道輸送です。省エネや都市の人口増で大量の輸送手段として海外高速鉄道の需要は2025年まで大きな伸びが期待されています。鉄道車両の主電源(走行用モーター)、補助電源(照明や空調など)のインバーター/コンバーターのパワー半導体の冷却に放熱器が使われます。当社の水沸騰冷却器は、冷媒に代替フロンを使わず、温暖化対策にも適し、国内、海外の高速鉄道用として客先に大好評を得て、平成23年度は電機メーカー向けに4,200台出荷しています。車両用に限らず、当社の各種放熱器は、大型建機、風力発電機、太陽光発電機、大型無停電電源装置の各種変換設備に使われており、この分野のeco商品として、さらなる高性能品の開発に期待が寄せられています。世界の車両に採用、大好評!鉄道車両用放熱器(熱交加工品部)品質マネジメントシステム❶全社品質ISO9001の取り組み:品質保証部当社は、全部門において、ISO9001品質マネジメントシステム運用を基本として、お客様満足度向上を目指すべく、品質保証活動を行っています。平成22年10月1日には、「国内外事業戦略立案推進」、「収益管理部署の明確化」および「各事業分野の固有技術の強化・育成」を目的として、板事業部・押出事業部・箔事業部が新設されましたが、さらに平成23年10月1日に、激変する事業環境下においては今まで以上に各施策を確実かつスピーディーに実施する必要があるため、生産・販売機能を持った「板事業本部」、「押出事業本部」、「箔事業本部」が新設されました。その組織改定に伴い、各事業本部の支援・横通し機能を果たす共通部門のひとつとして、「品質保証部」は、従前の製品品質保証機能に加えISO9001事務局機能も担うことになりました。事業本部制導入を含めた組織改定の狙いを重視し、これまでにも増して、品質マネジメントシステム(ISO9001)を製品品質保証に活用し、全社品質保証活動を推進します。品質方針:「お客様から信頼される品質づくり」❷製品有害物質管理の強化当社では、環境負荷に関してもお客様が安心して当社の製品をご使用いただけるよう、製品有害物質管理に関する諸規則を制定し運用しています。さらに、個別のお客様のグリーンパートナー認定を取得し、製品有害物質の管理強化に努めています。お客様からの弊社製品の製品有害物質のお問い合わせについても、随時、迅速に「有害物質不使用証明」を発行しています。Closeup顧客満足度の向上に向けてGAC株式会社様からの表彰当社名古屋支店は、2011年10月27日、デンソーグループで自動車用・業務用空調機器等のメーカーであるGAC株式会社様より、2010年度特別賞をいただきました。当社のエコキュート用プレコートフィンを使用した薄肉化提案が採用され、2011年から納入を開始しました。 今回の受賞は、きめ細かな技術打ち合せの積み重ねと、震災影響がある中で納期を含めてGAC株式会社様の復興需要に応えることができたおかげです。当社は、引き続きお客様のニーズにお応えして拡販に取り組んでいきます。▲050100150200250300(件)‘08/上‘08/下‘09/上‘09/下‘10/上‘10/下‘11/上‘11/下184227253218235197211214(年度)■お客様からの有害物質不使用証明ご依頼件数推移企画管理部門(経営企画部)(総務部)(CSR・監査部)(経理部)(原料部)(情報システム部)(海外事業推進部)営業関連部門(営業・マーケティング部)(大阪支店)(名古屋支店)(熱交加工品部)生産関連部門(品質保証部) (研究開発部) (技術部)(富士製作所)鋳造工場箔事業本部(営業部、箔工場、日用品部)押出事業本部(営業部、押出工場)板事業本部(営業部、板工場)社長共通部門品質保証体制統括管理責任者▲海外高速鉄道向け コンバーター用放熱器▲海外高速鉄道向け インバーター用 放熱器1015mm550mm660mm550mm

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です