三菱アルミCSR報告書2012
5/12

Corporate Social Responsibility Report 2012Management ReportCorporate Social Responsibility Report 2012Management Report4 当社の押出事業は長年培ってきた金型技術・生産技術・合金開発力・海外展開力を強みにして、日本国内においてのみならずグローバルベースで更なる成長を目指しています。 当社の押出製品はカーエアコン等の自動車用途向けが主となっており、燃費規制等の環境規制が強化されていく状況下、軽量化を通じてCO2削減へ貢献しています。 そうした環境規制の強化や新興国における需要の台頭を通じて、素材としての押出製品に求められるものも変わってきています。また、その求められるものが地域によっても異なってきています。当社は、このような変化を大きなチャンスと捉え、マザー工場である富士製作所と米国・タイ・中国の海外三拠点との連携強化により、グローバルベースで市場のニーズに応えていきたいと考えています。通常、家庭用エアコンには、銅管とアルミプレコートフィンを組合せた熱交換器が使用されています。しかし、銅資源の枯渇やリサイクルの観点から、銅管をアルミ化したオールアルミ熱交換器が注目されるようになっています。国内で販売されるエアコン数量から計算すると、およそ15,000トン程度の新規市場が期待されます。また、一部大型機種および海外市場では、自動車に多く採用されている偏平多穴管が採用されていて、サーマレックス社ではすでに販売しており、来年には国内でも販売開始予定です。Messageオールアルミニウムエアコンとは?私は、サーマレックス社の創業時からずっと在籍しており、押出機が1台だった創業当初から、5台に増えた現在まで間近で見てきました。三菱アルミは、原材料、金型、機械保全、表面処理方法などさまざまな分野の新技術で先導し、将来にわたるサーマレックス社の強固な基盤を築いてきたのです。中国の自動車市場は成長が早く、競争も厳しいです。品質の確保は勿論、コストの低減もより必要になって来ています。今年は仕入れ先の価格管理、原料の現地化、梱包方式の見直し等の手段でコストダウンに努めていきます。昨年は、東日本大震災やタイ国における洪水の影響により顧客の発注量の変化が大きくなりましたが、自動車産業が回復した現在、客先要求に対応できるよう、チーム一丸となって、全力でサポートしています。氏 名: Ron Brookins役 職: Sr. Manufacturing Engineer会社名: Thermalex Inc(米国)氏 名: 王勛紅(ウォン シュン ホン)役 職: 工程資材課課長会社名:蘇州菱富鋁業有限公司(中国)氏 名: ワンチャイ役 職: シニアマネージャー(製造担当)会社名: ムアンマックスタイランド(タイ)アルミニウムは熱伝導性に優れた軽い金属で、軽量化が求められる自動車部材の素材として最適です。当社の押出製品の主な用途は、カーエアコン等の熱交換器、バンパー、トラックのアオリ等で、自動車の軽量化による燃費向上、その結果としてCO2削減、地球環境保全に貢献しています。なかでも自動車熱交換器用多穴管は、富士製作所をマザー工場として、米国、タイ、中国の子会社においても製造・販売しており、その合計量は年間2万4,400トン(2011年度)となっています。グローバルな需要増に対応して生産拠点の拡充を図り、2013年度には年間2万7,500トン、世界シェア30%の実現を目指しています。各社はCSR活動にも力を入れており、現地での社会貢献活動、昨年の東日本大震災での募金活動等を行っています。管理者層の現地採用者も増えており、富士製作所での研修等を経て各地で活躍しています。グローバル展開中「アルミ押出製品」室内機室外機銅管Closeup押出事業本部押出事業本部長 田名 眞一

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です