三菱アルミCSR報告書2012
11/12

Corporate Social Responsibility Report 2012Environment ReportCorporate Social Responsibility Report 2012Social ReportCorporate Social Responsibility Report 2012Environment ReportCorporate Social Responsibility Report 2012Social Report1010安全衛生活動 平成23年度は、次の活動を展開しました。(1)各課ごとに定めた安全活動の実施(2)職場風土改善活動❶安全基本ルールの定着化a. 労働安全衛生法の要求事項および社内規定・基準に対する管理職教育の実施b. 全従業員1件/月 規定・基準の読み合わせを実施し内容の周知徹底c. 現行の冊子「行動設備・安全基準」をイラスト・写真で表現する等分かり易く改定し配布d. 作業における安全上の急所を現場現物表示する活動の展開継続❷感受性向上活動a. 指差呼称の徹底とKYT再構築※KYT:危険予知トレーニングb. 災害履歴カレンダーを用いた危険要因を認識するための継続的訓練を実施※災害履歴カレンダー:過去に発生した災害の要因、対策の概要を記述したもの■表彰関係❶工場冷延課の森野郷士作業長が、「平成23年度安全優良職長」として厚生労働大臣より顕彰されました。これは、作業長や班長といった職長として優れた技能と経験を持ち、担当する現場や部署で作業の安全を確保して優良な成績を挙げた方について、毎年、厚生労働大臣が顕彰を行っているものです。❷富士製作所 富士製作所が平成23年9月6日に、危険物優良事業所として「静岡県知事褒章」を受章しました。❸裾野市防火協会 総務課の鈴木睦代さんが平成23年11月9日に一日消防署長として、裾野市防火協会の秋季火災予防運動街頭広報活動に参加しました。東日本大震災ボランティア活動への参加当社は、三菱マテリアル社が主催する東日本大震災復興のための社員ボランティア活動に継続して参加し、平成24年3月末までに14名が瓦礫の撤去などの作業を行いました。夏場は汗だく、冬場は最高気温1度の中で雪も降り、大変な土方作業でしたが、参加メンバーは三菱マテリアルグループのさまざまな会社、地域から参加しており、2日間一緒に活動する中で、お互いの会社の話などで良いコミュニケーションを取るとともに、年齢層も60歳近い人から新入社員までと幅広く、三菱マテリアルグループの一員であることを実感し、グループの仲間であることに誇り(プライド)を持つことができました。安全衛生活動と社会への貢献 当社は、安全はCSRの原点と位置付けて活動に取り組むとともに、さまざまな形で社会への貢献を行っています。賞状を受け取る森野作業長賞状を受け取る近藤事務部長街頭広報活動風景刈り取った草を運ぶ作業参加した三菱マテリアルグループの社員

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です