三菱アルミCSR報告書2012
10/12

Corporate Social Responsibility Report 2012環境報告Corporate Social Responsibility Report 2012社会性報告Corporate Social Responsibility Report 2012環境報告Corporate Social Responsibility Report 2012社会性報告99障がい者雇用の取り組みについて当社では、障がい者が地元で自立した生活を送れる社会の実現を目指し、障がい者の採用や、周辺地域の障がい者援助施設への支援に取り組んでいます。特に当社では、アルミリサイクル事業の推進を社会貢献の柱としていることから、障がい者援助施設のアルミ缶回収活動を積極的に支援しています。■活動事例❶障がい者雇用職域の確保平成21年、富士製作所総務課内に、所内清掃業務を担う環境・整備グループを設置し、障がい者雇用の職域を確保しました。現在、指導者2名、障がい者3名で運用しており、将来グループの拡充を計画しています。❷障がい者援助施設主催行事への協賛、協力•アルミ缶回収の受け入れ、活動支援 •アルミ缶回収活動に対し、アルミ缶リサイクル協会の表 彰制度への推薦•障がい者手作り商品の社内売店における委託販売•新入社員教育の一環としてボランティア体験を導入し、 障がい者とともにアルミ缶回収作業を実施 等■障がい者雇用優良事業所として表彰 ―富士製作所―当社富士製作所は、障がい者雇用優良事業所として、静岡県知事褒賞を受賞し、平成20年9月19日(金)に行われた静岡県障がい者雇用促進大会において表彰状が授与されました。これは、地域障がい者施設との業務委託(アルミ缶回収)の実施、特別支援学校の視察および実習生の受け入れ、職業安定所との連携や研修会への積極参加など、障がい者雇用に関する富士製作所の取り組みが評価されたものです。成長力強化 競争力ある人材の育成当社は、生涯教育の理念と教育機会の均等の精神にのっとり、向上心と自己啓発心のもと、幅広い知識とそれぞれの専門性を習得できる教育環境の提供を図ることを目的として、「社員皆教育制度」を導入しています。■社員皆教育制度総務部が社内教育の総統括部署として、教育の予実管理と教育支援制度、諸施策の立案などを行います。社内で実施する全ての教育訓練を分類(カテゴリー化)し、各カテゴリーの事務局が実際の教育を行う教育主管部署と良く連携をとり、当該カテゴリーの教育の企画、推進、並びに教育効果の把握と検証を行います。また、社内各部署の長は、教育推進委員を任命し、所属員の教育の企画、推進、並びに教育効果の把握と検証を実施します。各カテゴリーでは社員教育の効果を向上させるため、毎年、前年に実施した教育の効果の把握・検証の上、見直しを行います。平成23年度は階層別教育で大幅な見直しを行い、社員のレベルアップ・会社の組織力向上を目的に、各職能資格に見合う教育を体系的に整備、平成24年度より新体系にて階層別教育を行っています。■教育支援制度社員自らがスキルアップを図る機会を会社として提供することを目的として、下表の教育支援制度を導入し、社員一人ひとりの自己啓発を促進しています。働きやすい職場環境づくり 当社は、社員がより働きやすい職場環境をつくるために、障害者雇用の取り組みを積極的に行うと同時に、社員が幅広い知識と専門性を習得できる体制を導入しています。支援制度概 要通信教育補助制度会社が指定する通信教育講座を受講し終了した社員に対して、受講料の半額を支給します。公的資格取得奨励制度業務に関連する知識・技能の習得のため、会社が指定する各種公的資格合格者に対して、一定の奨励金を支給します。社会人ドクター取得奨励制度当社在籍3年以上の修士修了者またはそれに準じる社員が博士号を取得した場合、一定の報奨金を支給します。TOEIC受験奨励制度語学力の把握や自己啓発の促進のため、TOEICを受験した社員に対し、受験費用の補助を行います。なお、副参事・担任昇格者は全額補助、その他の社員については半額補助をしています。教育カテゴリー内容/対象事 務 局基礎・共通教育原則全社員が受ける教育総 務 部階層別教育資格別、職位別の教育総 務 部専門教育生産生産、製造業務に係わる教育富士製作所営業営業業務に係わる教育営業・マーケティング部開発開発業務に係わる教育研究開発部所属部課別署教育部、室、課特有の専門知識、資格取得、その他自部署員が対象の教育(教育推進委員)指定就労支援事務所のボランティア活動への当社社員参加風景就労訓練風景プレゼンテーション研修

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です