三菱アルミニウム株式会社CSR報告書2011
9/12

Corporate Social Responsibility Report 20118Social Report計画的人事ローテーション制度社員の資質、特性をローテーションによる多様な業務経験から見極め、個性に応じた適材適所による人的資源の最大活用を図ります。❶定期ローテーション社員の最適なキャリア形成を図るため、複数の部門、職種を経験できるよう定期ローテーション制度を導入しています。定期的に対象者をリストアップし、適性、異動の可否等を考慮して、異動先・時期等の具体案を作成し、実行します。❷育成面談毎年10月に、参事(課長級)以下の総合職を対象に上司による育成面談を実施します。この面談では、・スキルとキャリアの棚卸しを通じた正しい自己分析と現状認識の実施・本人の希望と会社の期待する人材像との擦り合わせ・将来のあるべき姿を目標に、今後の育成方針や取り組むべき課題を明確にすることを目的としていますが、あわせて、育成面談の結果は、キャリアやスキル、個人特性とともにローテーション検討時の参照材料ともなります。社員皆教育制度生涯教育の理念と教育機会の均等の精神にのっとり、向上心と自己啓発心のもと、幅広い知識とそれぞれの専門性を習得できる教育環境の提供を図ることを目的として「社員皆教育制度」を導入しています。❶教育の推進体制総務部が社内教育の総統括部署として、教育の予実管理と教育支援制度、諸施策の立案などを行います。社内で実施する全ての教育訓練を分類(カテゴリー化)し、各カテゴリーの事務局が実際の教育を行う教育主管部署と良く連携をとり、当該カテゴリーの教育の企画、推進、並びに教育効果の把握と検証を行います。また各部書で、所属長は教育推進委員を任命し、所属員の教育の企画、推進、並びに教育効果の把握と検証を実施します。❷教育訓練体系の作成各カテゴリー事務局は、実施すべき教育、実施が望ましい教育をよく検討し、それらを教育訓練体系として整備し、これを社員へ開示します。❸教育訓練の計画各カテゴリー事務局並びに各部署は、毎年2月に翌年度の教育年間計画を立て、総務部はこれをとりまとめて、全ての教育計画を3月末までに社内へ開示し、周知を図ります。また、教育主管部署はマイネットプラザ等を利用して、教育開催の事前告知を行います。❹教育効果の把握とフォロー所属長は部下に対して、毎年4月に実施する人事考課面談の中で、教育の効果の把握とフォローを行います。教育支援制度社員自らがスキルアップを図る機会を会社として提供することを目的として、下表の教育支援制度を導入し、社員一人ひとりの自己啓発を促進しています。成長力強化 競争力ある人材の育成競争力ある人材を継続的・計画的に育成することを目的として、下記の制度を導入しています。教育カテゴリー内容/対象事務局基礎・共通教育原則全社員が受ける教育総務部階層別教育資格別、職位別の教育総務部専門教育生産生産、製造業務に係わる教育富士製作所営業営業業務に係わる教育営業・マーケティング部開発開発業務に係わる教育研究開発部所属部課別署教育部、室、課特有の専門知識、資格取得、その他自部署員が対象の教育(教育推進委員)支援制度概要通信教育補助制度会社が指定する通信教育講座を受講し終了した社員に対して、受講料の半額を支給します。公的資格取得奨励制度業務に関連する知識・技能の習得のため、会社が指定する各種公的資格合格者に対して、一定の奨励金を支給します。社会人ドクター取得奨励制度当社在籍3年以上の修士修了者またはそれに準じる社員が博士号を取得した場合、一定の報奨金を支給します。TOEIC受験奨励制度語学力の把握や自己啓発の促進のため、TOEICを受験した社員に対し、受験費用の補助を行います。なお、副参事・担任昇格者は全額補助、その他の社員については半額補助をしています。管理職研修

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です