三菱アルミニウム株式会社CSR報告書2011
8/12

Corporate Social Responsibility Report 20117社会性報告品質保証マネジメントの取り組み当社は、全部門においてISO9001品質マネジメントシステム運用を基本として、お客様満足度向上を目指すべく、品質保証活動を行っております。本年5月には、第4回更新審査を受け、認証登録更新が承認され、初回認証より13年目を迎えました。引き続き品質マネジメントシステムの有効性の改善するため、品質に強い人材を育成すべく、昨年度にスタートした「社員皆教育制度」を基本に、ISO9001教育はもとより、統計的手法や製品有害化学物質管理に関する教育等を更に充実させ、全社品質保証活動を推進します。製品有害物質管理の強化当社では製品有害物質の管理対象物質をJIG(ジョイント・インダストリー・ガイドライン)の定める物質と定義し、お客様が安心して当社の材料をご使用頂けるよう、社内諸規則の制定はもとより、社内関係者への製品有害物質管理教育を実施し、管理強化に努めております。また、お客さまからの弊社製品の製品有害物質のお問い合わせにつきましては、迅速回答に努め、随時、有害物質不使用証明の発行を致しております。第1回ベストサプライヤー賞ゴールドアワードを受賞エムエーパッケージング社では、京セラ社へ太陽電池向けバックシートを販売しておりますが、このたび同社の第1回ベストサプライヤー賞の選定に当たり、ソーラーエネルギー部門でゴールドアワード(金賞)を受賞いたしました。これは、京セラ社と取引のある約1,800社の中から製品分野別の3部門で、金賞1社、銀賞2社が今回表彰されることとなったもので、エムエーパッケージング社では、長年にわたり太陽電池向けバックシートを供給している中で、QCDS(クォリティ、コスト、デリバリー、サービス)の点で、高い実績を上げていることが評価されたものです。 4月4日に京都で京セラ社ソーラーエネルギー事業本部のサプライヤーセミナーが開催され、その場で表彰される予定でしたが、東日本大震災でセミナーが中止となり、5月26日に京セラ社を訪問し、表彰状、記念品が授与されました。同社では、今後も、バックシートに要求される耐久性、耐熱性、バリア性に優れかつ低コストの差別化された製品を供給し、厳しい競争に打ち勝ちシェアアップを目指します。「国際二次電池展」にて当社製品展示3月2日(水)から4日(金)の3日間、東京ビッグサイトにおいて「国際二次電池展(バッテリージャパン)」が開催されました。当社は三菱マテリアルグループの一員として共同出展しリチウム電池用の集電体用アルミ箔と当社板を加工したアルミ製電池ケースを展示しました。電気自動車などへの需要増が見込まれ、環境問題で注目されている分野で多くの来場者の注目を集め、ブース内は大変な賑わいでした。来場者から頂いた名刺は1,300名を超え、営業、開発に役立てています。お客様満足度向上を目指してお客様満足度の向上を目指し、品質、開発、デリバリー等、さまざまな観点から全社規模で活動を強化しています。200250300(件)15010050007/上07/下08/上08/下09/上09/下10/上半期毎総件数10/下(年)128161184227253218235197■お客様からの有害物質不含有証明のご依頼件数推移リチウムイオン電池ケースリチウムイオン電池箔

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です