INDIVIDUALITY

INDIVIDUALITY 採用情報TOPへ戻る

採用Q&A

q

採用選考において何を重視していますか?

a

人物を重視しています。

筆記、学業成績、面接等々判断要素は複数ありますが、選考においては人物を重視しています。よって、面接にはしっかりと時間を使っています。また、面接は選考としてだけではなく、相互に理解を深めマッチングを図るものとしても考えています。

q

採用する学部・学科に条件はありますか?

a

特に条件はありません。

技術系総合職については、金属・材料・物質工学・機械・精密・電気・電子・制御・化学・情報工学などを基本として採用していきます。ただし、必須条件ではありませんので、会社説明会などでご確認ください。
事務系総合職については、特に条件はありません。

q

理系でも事務系総合職として応募することはできますか?

a

応募できます。

できます。過去の実績としても、理系の学部学科から事務系総合職として採用した事例があります。

q

学士・修士の採用比率はどのようになっていますか?

a

採用比率に決まりはありません。

文系・理系に関わらず、学士・修士の採用比率に決まりはありません。選考過程についても同様に取り扱います。

q

OB・OG訪問は受け付けてくれますか?

a

機会を設けられれば対応いたします。

個別のお問い合わせに対しては、個人情報保護等の観点から対応しておりません。ただし、セミナーや工場見学などで当社にお越しいただく際に、お会いしていただく機会を設けられれば対応いたします。

q

必要な資格はありますか?

a

採用選考時に必要な資格はありません。

採用選考時に必要な資格はありません。入社後、業務上必要となる資格については、会社が受験費用や講習費用等を全額負担して資格取得していただくことになります。

q

配属はどのように決定するのですか?

a

まずは配属希望をヒアリングします。

配属については、新入社員研修が一定期間経過した段階で、まずは本人の配属希望をヒアリングします。その上で、会社としての配属ニーズ、本人の専攻や適性などを勘案して決定することになります。したがって、必ずしも希望どおりの配属になるとは限りませんが、配属後のキャリア形成や育成プランについては、本人の意向を踏まえながら将来像を描いていくことになります。

q

海外勤務の機会はありますか?

a

海外勤務の可能性があるとお考えください。

現在当社は、アメリカ・タイ・中国・インドの4カ国にグループ会社があります。海外各社には、当社より2〜3名を派遣しておりますので、海外勤務は文系・理系を問わず、可能性があるとお考え下さい。
ただし、入社直後に海外へ赴任することはありません。国内で十分なキャリアを積み、海外で必要となる知識や経験を習得した上で海外勤務となります。

q

採用選考で英語は必要ですか?

a

採用選考の判断基準にはありません。

英語は採用選考の判断基準には入っておりません。将来的に海外に赴任することになれば、会社が費用負担する語学研修を受けていただき、海外勤務に向けた準備をしていくことになります。

q

残業はどの程度ありますか?

a

1ヶ月18時間程度が平均です。

所属部門、担当業務、時期等によって変動いたしますが、最近の実績としては全社的な平均時間は1ヶ月18時間程度です。フレックスタイム制を導入しておりますので、繁閑に合わせて効率的に業務にあたっていくことができます。

q

寮・社宅はありますか?

a

住宅環境は充実しています。

工場地区に関しては、社有の寮・社宅があります。都市部については借上寮・借上社宅にて対応しております。いずれも家賃の本人負担は軽く、住宅環境は充実しています。また、持ち家に向けた財産形成の一助ともなっております。

page top