INDIVIDUALITY

INDIVIDUALITY 採用情報TOPへ戻る

黒田千尋(技術系)

なぜ当社に就職したのですか?

アルミニウムの多様性とグローバルな事業展開が魅力。

学生時代は機械工学を専攻していましたが、受講を進めているうちに加工対象である材料に注目するようになり、研究室は金属材料に関係するものを選びました。
就職活動も自ずと素材産業を中心に行っていましたが、その中でも会社説明を受けた際に、自動車や飲料缶の他にも意外なところでアルミニウムが使われていることに驚たことがきっかけで、アルミニウムの多様性に興味を抱きました。
また、学生時代からグローバルに活躍できる技術者になることを目標に、海外留学し研究に取り組んでいましたので、海外に工場があることも魅力に感じました。
今でも来日されたお客様と打ち合わせをする機会もあるので、学生時代の留学経験を活かすことができています。

どんな仕事をしていますか?

アルミニウムの可能性を深く追求。

入社してから押出技術課の業務に従事しています。
押出加工とはアルミニウムを成形する方法のひとつで、「 ところてん」の様に型から材料を押し出して成形します。例えから想像すると簡単に聞こえるかもしれませんが、金型設計、生産条件など様々な条件を適正にしなければ、求める形状・機能を満たす製品が完成しません。単純なようで、非常に奥が深く、やりがいのある仕事です。
押出工場では様々な製品を製造していますが、中でも私は自動車用熱交換器に使用される偏平管の品質技術、生産技術に携わっています。熱交換器用の偏平管は断面積が非常に小さく、押出が難しい部類の製品になります。やはり難しい形状をうまく製造できたときは非常にうれしいですね。
また、偏平管は、通常の押出品と異なり、表面のコーティング、形状矯正し切断する工程があります。ですので、金型や生産条件の調整以外にも、新設備の検討・改造もあり、生産技術的な仕事に携わることも多いです。
生産技術的な仕事では、設備管理部や現場とのやり取りが多く、意志を統一するためのコミュニケーションは非常に重要です。私もいくつか設備の導入や改造に携わっていますが、多くの方々と協力して、思った通りに設備が動くと非常にうれしいです。
品質技術、生産技術の仕事では、想像だけに頼らず実際に現場に赴き、現物、現状をしっかりと確認することが大事だと思います。

会社・職場の雰囲気はどうですか?

「否定的な態度は取りたくない」前向きな雰囲気の職場。

優れた製品づくりにはチームワークが欠かせません。職場も前向きな雰囲気で、そこが当社の強みだと思っています。自分も依頼や要望に対して「できない」とは言いたくないと常々思っています。
だからこそ自分が関わった製品には自然と愛着がわき、街中で自社製品が搭載された自動車を見ると非常にうれしく、家族にも「あの車に三菱アルミニウムの製品が使われているんだよと」と教えたりしています。
自動車の外観からは分かりませんが、人々の暮らしに役立っていると感じ、その度にもっといい製品を作れるように頑張ろうと思います。

役立てている会社の制度は?

家庭を大切にできるフレックス制度。

有給休暇が取りやすい風土があり、自分で仕事のスケジュールを調整して、積極的に有給休暇を取得しています。
また、フレックス制度も浸透しており、休むまでもないけど家庭の事情のために出社を遅らせたいとき等に柔軟に活用しています。
他にも住宅制度等、福利厚生の面では非常に充実していると思います。

今後の目標は?

アルミニウムは可能性のある素材だと思っています。今はまだ想像もつかないような使い方があるはずです。未知の領域への開発や複雑・微小な形状への挑戦をするためには、絶え間なく技術を磨き上げることが求められると思います。
押出業務に限らず、総合的なアルミニウムや加工方法に関する社内の講習会や交流の機会があるので積極的に参加して、さらに知見を広めて行きたいです。
また時代を牽引していけるような技術者になりたいと思っています。そのためにも積極的に行動し、仲間と協力しながら良い成果を出して行きたいです。

オフの過ごし方

休日は主に家族と過ごしています。家族のために鉄板焼き系の料理をふるまったりしています。意外と評判がいいので、もっと料理レパートリーを増やしていきたいですね。
また、静岡は東京までの交通の便もいいので、買い物や、学生時代の友人との再会を楽しんでいます。

page top