CSR

環境への取り組み

環境理念

三菱アルミニウムは「アルミニウム」に基盤をおく企業として、自然環境との調和、環境の保全を追求し、アルミニウムのもつ優位特性の活用や資源・エネルギーの循環・再利用・消費削減を通じて、持続的発展が可能な社会の構築に貢献するよう行動します。

アルミ缶のリサイクル

三菱マテリアルグループは、使用済アルミ缶を回収し、資源として再びアルミ缶に戻すことを、大切な仕事の一つと考え、1975年以来長年にわたり、リサイクル活動を続けています。当社は静岡県小山町に、日本で最大規模のアルミ缶リサイクル工場を有し、その中心的な役割を果たしてきました。
アルミ缶は、溶解して何度でも缶材に戻すことができるため、数少ないクローズドリサイクルが可能な製品といえます。アルミ缶のリサイクル活動に対する消費者の関心は高く、その重要性は社会的にも広く認識されるようになりました。その結果、2010年度の日本のアルミ缶リサイクル率は92.6%を記録しています。
循環型経済システムによる持続的発展が求められる21世紀において、アルミ缶は最適な容器の一つです。資源、エネルギーを有効に活用し、循環型社会を構築していく中で、アルミ缶リサイクル事業の果たす役割は大きいのです。『Can to Can』を合言葉に、アルミ缶リサイクルの輪がさらに広がることを期待し、今後も地道な努力を続けていきます。

アルミ缶リサイクルフロー

アルミ缶は何度もアルミ缶として生まれ変わります。
鉱石からアルミ地金をつくるエネルギーに比べ回収アルミ缶から再生地金をつくるエネルギーは約3%です。
Can to Can!! アルミ缶からアルミ缶へ

CAN to CAN!! アルミ缶からアルミ缶へ

富士製作所環境方針

三菱アルミニウム㈱富士製作所は、アルミニウム製品の設計・開発及び製造の事業活動を継続させると共に、豊かな自然を次の世代に引き継ぐため、以下の方針を定めて活動を展開する。

1. 当所の活動・製品及びサービスが環境に与える影響を常に認識し、環境汚染の防止と資源の節減に努めると共に、環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
2. 当所の活動・製品及びサービスに関わる環境関連法規制、条例及び地域との協定並びに利害関係者等と合意した順守義務を満たす。
3. 事業活動が環境に与える影響に鑑み、以下の項目を枠組みとして環境活動を推進する。
(1) 環境保全の為、大気及び河川等への汚染の予防に努める。
(2) 持続可能な資源の有効利用と、廃棄物の排出抑制を図る。
(3) 気候変動に関する緩和と適応に努める。
(4) 環境保護(生物多様性・生態系保護を含む)に努める。
4. この方針は、富士製作所の従業員及び構内協力会社に周知する。
5. この方針は、利害関係者が入手できるようにする。
ISO14001マネジメントシステム

ISO14001認証取得

富士製作所

更新日

2018年11月10日

認証機関

一般財団法人 日本規格協会(JSA)

登録番号

JSAE733

page top