沿革

1962年1月  
三菱グループのアルミニウム加工事業として、三菱マテリアル、三菱化学の両者が中心となり、米国のアルミニウム統合一貫メーカーであるレイノルズ社と提携、三菱レイノルズアルミニウム株式会社の社名で設立。
1963年1月  
静岡県裾野市内の富士山麓で、押出、板及び箔の各製品を生産する総合工場(現富士製作所)の建設に着手。
1963年10月  
押出関係操業開始。
大阪支店開設。
1964年10月  
箔関係操業開始。
1965年6月  
富士製作所全面 落成。
1965年10月  
板関係操業開始。
1966年2月  
名古屋支店開設。
1968年1月  
富士製作所 JISマーク表示許可工場に認定される。
1970年1月  
社名を三菱アルミニウム株式会社に変更。
1971年9月  
米国レイノルズ社より、アルミニウムのフラックスレス真空硬ろう付技術を導入。
1971年11月  
富士製作所 工業標準化優良工場として、東京通 商産業局長賞を受賞。
1972年6月  
米国レイノルズ社より導入した真空硬ろう付実験炉設置。関係先に技術指導開始。
1975年12月  
米国インシルコ社より、高性能薄肉電縫管及び熱交換器の製造技術導入。
1977年11月  
技術開発センター設置。
1985年11月  
米国アラバマ州に、自動車熱交換器用押出材の生産を目的として、合弁会社サーマレックス社を設立。
1986年11月  
加工箔新工場完成。
1988年7月  
エムエーパッケージング社設立。
1994年7月  
タイ国バンコク市に、駐在員事務所開設。
1995年8月  
中国上海市に、駐在員事務所開設。
1995年10月  
加工品事業の一部を子会社のエムエーファブテック社に営業譲渡。
1995年11月  
タイ国バロパコン社への資本参加及び技術供与。
富士製作所、TPM優秀賞を受賞。
1996年4月  
タイ国バンコク市に、MALC-タイ社を設立。
1997年6月  
タイ国バンコク市郊外にムアン-マックスタイランド社を設立。
2002年8月  
富士製作所全部門(鋳造・板・押出・箔)、ISO9001取得(移行)。
(平成11年8月ISO9002取得)
2003年11月  
富士製作所全部門 ISO14001取得。
2004年9月  
中国蘇州高新区に、蘇州菱富鋁業有限公司を設立。
2006年3月  
ISO9001認証範囲を全社全部門に拡大。
2008年6月  
サーマレックス社の全株式を取得し、100%子会社化。
2009年1月  
エムエーパッケージング社、エムエーホイル社及び当社容器製品事業を統合し、新たに総合箔加工会社、エムエーパッケージング社としてスタート。
2013年9月  
インドグジャラート州に、MA EXTRUSION INDIA社を設立。
page top