ニュース

2020年2020年一覧へもどるニューストップへもどる

2020年1月6日
三菱アルミニウム株式会社
取締役社長 木村 良彦

2020年 社長年頭挨拶(要旨)

明けましておめでとうございます。

2019年を振り返ると、アルミ市況の悪化、異常気象等、厳しい年でした。品質問題については対策を継続しており、まだまだ解決すべき課題はありますが、改善も進みました。新製品の採用や量産化などの将来につながる明るい話題もありました。

今年は三菱創業150周年に当たり、三菱グループの各社が協力して社会の発展に貢献するため、記念事業を実施します。三菱の事業は岩崎彌太郎が1870年に海運業に着手した時に始まりました。翌1871年には、九十九商会が紀州新宮藩の炭鉱を租借し工業部門に進出、これが三菱鉱業社(三菱マテリアル社の前身)につながり、さらに1962年に三菱マテリアル社、三菱ケミカル社が中心になって、米国レイノルズ社と技術提携を行い、当社の前身が生まれました。長い歴史の中で常に時代に合わせて変革を続け現在があります。

一方、変えることなく守り通してきたものもあります。三綱領、すなわち、「所期奉公、処事公明、立業貿易」です。現代風に言い換えれば、「社会への貢献、フェアプレー、グローバルな視点」です。現在、厳しい経済環境におかれておりますが、判断基準「SCQDE(Safe(安全), Compliance(法令遵守), Quality(品質)が Delivery(納期), Earning(収益)より優先する)」とともにそのバックボーンにある三綱領の精神から日々の業務を照らし、たゆまず歩かなければなりません。

足元は厳しい経営環境です。だからこそ現状を正しく理解し着実に手を打つことが、いつにも増して大事な年です。CSRにおいて「社会の変化を捉え、自分事化すること」は大変重要ですが、CSRに留まらず、当社が発展するためには、各人が会社の抱えている諸問題に対して、他人事ではなく自分の事だと捉えて取り組むことが必須です。同時に将来のあるべき姿についても、幅広く意見を交わし言語化、共有化し、さらに進化させていきたいと存じます。力を合わせ難局を乗り切りましょう。

本件に関するお問い合わせ先

三菱アルミニウム株式会社 総務部 (電話:03-3769-0111)

以上

page top