ニュース

2018年2018年一覧へもどるニューストップへもどる

2018年(平成30年)1月4日
三菱アルミニウム株式会社
取締役社長 浜地 昭男

平成30年 社長年頭挨拶(要旨)

明けましておめでとうございます。

産業界において予てから地球温暖化対応のための自動車軽量化素材としてアルミに対する注目が高まっていましたが、昨年は更に英仏政府や欧州の自動車メーカーを中心とする世界の自動車業界が電気自動車普及に弾みをつける方針を打ち出し、関係のニュースが相次ぎ報道されました。

こうした好環境の中で、昨年当社グループの長期成長の基盤創りとなる新中計をスタートでき、また米国における圧延熱交品合弁事業構想を公表できたことを幸運に感じています。公表後お客様から当社がグローバルでの供給体制を確立することについての大きな期待の声をお聞きしています。本事業提携を実現することが中計目標の達成に弾みをつけ、さらにその後の持続的成長につながるものと確信している次第です。

富士製作所では今次中計期間中に大幅な設備のリニューアルを行うことにしています。多くの更新・合理化工事について、需要動向を睨みながら前倒し実行することも考え、チャンスを逃さず成長への基盤創りをしっかり行っていきます。国内外のグループ会社における事業の選択と集中の実行を支援し、グループ全体としての体質強化を実現することも重要な課題です。

一方で、一昨年の社内調査によって当社における品質管理の取組が十分でなかったことが判明し、是正措置を早期に実施していたものの、11月に品質関係の不祥事として報道されました。今当社はCSR活動の一層の強化により健全な企業風土の醸成に注力し、顧客と社会の信頼を獲得していかなければなりません。

社員が幸せにそして社員であることを誇れるアルミグループにすることが究極の目標です。「アルミ革新、変化を楽しみながら成長へのチャンスをつかもう」を合言葉に新年を踏み出しましょう。

本件に関するお問い合わせ先

三菱アルミニウム株式会社 総務部 (電話:03-3769-0111)

以上

page top