ニュース

2013年2013年一覧へもどるニューストップへもどる

2013年(平成25年)7月31日
三菱アルミニウム株式会社

押出熱交材事業のインド進出について

三菱アルミニウム株式会社(取締役社長:半沢正利、本社:東京都港区芝二丁目3番3号)は、インド グジャラート州 アーメダバード市近郊において、熱交換器用アルミニウム押出チューブ(以下「押出多穴管」)の製造・販売を目的とした現地法人を設立し、2015年春頃より操業を開始することを決定しましたのでお知らせいたします。本件の総投資額は約17億円です。

当社グループにおいては、同事業でグローバルに製品供給を行うことを目的として、現在までに米国アラバマ州(THERMALEX,INC.)、タイ国バンコク市郊外(MUANG- MAX(THAILAND)CO., LTD.)、中国江蘇省(蘇州菱富鋁業有限公司)に製造・販売拠点を設置し、日本を含め4極体制にて事業展開を行っております。

既に、2014年後半に米国およびタイ国において、それぞれ押出プレスの増設を行うこととしておりますが、今後益々成長することが期待されるインドに生産・販売拠点を新設することで、同事業分野における競争力をより一層高めてまいります。

<新会社の概要>
会社名 未定
所在地 インド グジャラート州 アーメダバード市近郊
資本金 800百万ルピー(15.2億円相当)
出資比率 当社100%出資
代表者 未定(当社から派遣予定)
従業員 約80名
生産能力 約2,700トン/年
売上目標 約20億円(2019年度)
導入予定設備 押出プレス1基及び付帯設備
操業開始 2015年春頃
事業内容 熱交換器用アルミニウム押出多穴管の製造・販売

<押出多穴管>

押出多穴管

<インド共和国グジャラート州アーメダバード市>

インド共和国グジャラート州アーメダバード市 地図

以上

お問い合わせ先: 三菱アルミニウム株式会社
総務部
(TEL : 03-3769-0111)

page top