ニュース

2010年2010年一覧へもどるニューストップへもどる

平成22年5月31日
三菱アルミニウム株式会社

新中期経営計画策定のお知らせ

当社は、このたび平成24年度を最終年度とする、新中期経営計画

『 New Challenge 50 - 新たなる挑戦 』
を策定しましたので、下記の通りお知らせ致します。


【1】 当社グループを取り巻く環境及び新中期経営計画のコンセプト

平成20年度下期以降の大幅な経済環境の変化は、当社及び当社グループの経営基盤に大きな影響を与えました。

現在は、アルミ圧延品需要も回復の兆しが見えてきており、将来の需要拡大も予想されますが、その需要分野、国内外の需給バランスには、大きな変化が予想されています。

このような環境下、当社は創業開始50周年にあたる平成24年度を最終年度とする新中期経営計画を策定致しました。

この新中期経営計画は、

「収益基盤を再構築し、新たなる成長を目指す。」
事を基本コンセプトとし、以下の呼称を与えました。

「New Challenge 50 - 新たなる挑戦」


【2】 新中期経営計画における経営方針

(1)CSRの推進
(2)グループ収益基盤の再構築
(3)業界トップレベルの品質・技術・コスト競争力構築による顧客満足度向上
(4)熱間仕上圧延機導入による品質・コスト効果の最大発揮
(5)既存需要分野の安定的な基盤確保及び新規需要分野の事業拡大
(6)積極的な海外事業への取組み

【3】 経営目標達成のための戦略

経営目標達成のために以下の戦略を三本柱として推進します。

[ 新中期経営計画における経営戦略 ]
(1)連結経営の重視
 ・グループ全体で目標達成を目指します。
(2)企業体質強化策による構造改革
 ・全社員参加による企業体質強化策を推進します。
(3)セグメント戦略
 ①板熱間仕上圧延機効果の最大発揮、高付加価値品販売、
缶リサイクリング事業の進展、海外生産の強化拡大
 ②押出熱交換器用材料の拡大強化、事業構造改革の完成、
海外生産の強化拡大
 ③箔環境関連商品(Li電池、太陽電池関係)の販売強化、
新規開発品の販売強化、海外展開及び調達の拡大

【4】 新中期経営計画 『New Challenge 50 - 新たなる挑戦』 の経営目標

新中期計画最終年度(平成24年度)における経営目標

(1)連結経常利益60億円 (単体 50億円)
(2)連結経常利益ROA6.0% (単体 6.0%)
(3)最終年度までに復配実施 

以上

page top