ニュース

2010年2010年一覧へもどるニューストップへもどる

平成22年4月2日
三菱アルミニウム株式会社
取締役社長 矢尾 宏

平成22年度「入社式」社長挨拶

新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。

皆さんの入社を心から歓迎するとともに、多くの企業との出会いのなかで、こうして皆さんと今日という日を迎えられることに、当社との強い縁を感じ、大変うれしく思います。

いま世界では、省エネルギーや環境保全に対する意識が高まっており、また今後わが国が持続的に成長・発展していくためにも環境分野への取組みは不可欠であります。皆さんがこれから携わるアルミニウムという素材は、軽量性やリサイクル性に優れ、環境保護や循環型社会の確立に大きく貢献することができる素材です。

当社の事業は、非常に多くの役割を担うアルミニウムという素材を、幅広く社会に提供していく重要なものです。ぜひ、当社の事業に誇りを持ち、仕事に取り組んでいただきたいと思います。

さて、皆さんが社会人としてスタートする本年は、一昨年の金融危機に端を発した世界同時不況の最悪期から脱し、ゆるやかながらも景気は回復しつつある状況にあります。特に、中国・インド等の新興国は既に成長基調に転じており、またわが国においても、当初警戒されていた景気の「二番底」懸念が薄らぐなど、明るい兆しも見えてきております。

当社においても、世界同時不況による危機的状況からの脱却に向け、全社を挙げての様々な取組みが功を奏し、厳しい経営環境の中でも確実に業績は回復しつつあります。また、本年は今後3年間の経営目標を定めた「中期経営計画」のスタートの一年であり、近年成長が著しいエネルギー・環境分野や海外事業への経営資源の投入など、新たなる成長に向かって果敢に挑戦していく一年となります。

もちろん、この計画の推進のためには、社員一人ひとりが計画の担い手として全員参加で取り組んでいかなければなりません。新入社員の皆さんも、早期に当社の戦力となって、当社の目標の実現に向けて活躍されることを心より期待しております。

さて、本日皆さんが当社の社員としての第一歩を踏み出すにあたり、私から皆さんにいくつかお願いしたいことがあります。

一つ目は、常に学ぶ意欲を持ち、自己研鑽に努めていただきたいということです。

「企業は人なり」の言葉に表されるように、企業の競争力は皆さん一人ひとりの能力によって支えられています。

皆さんは、それぞれの配属先で、これからさまざまな業務を経験されることと思いますが、プロフェッショナルとしての気概を持ち、高度な専門知識や技能を継続的に習得されることを期待します。当社では本年度より「社員皆教育制度」を立ち上げ、全ての社員が等しく自身の能力を高めるチャンスを用意しております。人材の力を向上させることは、そのまま企業の成長力の強化につながります。ぜひ、入社してからも勉強する姿勢を持ち続けていただきたいと思います。

二つ目は、幅広い視野を持っていただきたいということです。

当社は同業他社や別の素材との競争など、常に何かと競争していますし、現在の社会情勢から、競争はますます激しくなっていくと考えられます。そのような厳しい環境の下で勝ち残り、当社の将来の目標を達成するためには、皆さん一人ひとりが、個人の視点だけでなく、職場、会社、市場そして社会全体を見渡す広い視野を持ち、情熱を持って仕事に取り組んでいただくことが重要だと思います。

三つ目は、スピード感をもって仕事に取り組んでいただきたいということです。

先ほど申し上げたように、本年は将来の飛躍に向けてのスタートの一年となります。そのためには、めまぐるしく変化する経済、社会、顧客動向、そして身の回りを含む全ての変化を的確に察知し、他に先んじて行動することが求められます。皆さんも、今日中にできる仕事は明日に持ち越さず、ぜひ日頃からスピードを意識して業務に臨んでいただきたいと思います。

最後に、企業人としての基本は、まず健康であることです。充分に健康管理に努め、明るく幸せな会社生活を送られることを、お祈りいたしまして、私の挨拶とさせていただきます。

以上

お問い合わせ先: 三菱アルミニウム株式会社
総務部
(TEL : 03-3769-0111)

page top