ニュース

2010年2010年一覧へもどるニューストップへもどる

平成22年1月25日
三菱アルミニウム株式会社
取締役社長 矢尾 宏

中国 蘇州菱富鋁業社 No.2押出プレス増設について

三菱アルミニウム株式会社(社長:矢尾 宏、本社:東京都港区芝二丁目3番3号)は、100%子会社であり、自動車熱交換器用アルミニウム押出チューブ(以下「押出熱交材」)の製造・販売を行っている中国 蘇州菱富鋁業有限公司(以下「C-MAX」、所在地:江蘇省蘇州市)の押出プレスを1台増設し、2011年初めより商業生産を開始することを決定しました。投資金額は850百万円です。

2008年秋のリーマン・ショックに端を発した世界同時景気後退により、各国の自動車販売は急減しましたが、中国においては世界で最も早く販売が回復し、新車生産台数についても、2009年には1379万台を記録し、米国を抜いて世界一の自動車生産国となりました。

C-MAX社は、2004年に会社設立を行い2006年より押出プレス1台にて操業を開始し、お客様より品質レベルを高く評価されておりますが、今後の受注も高水準になることが予想されるため、生産能力を倍増させ、年間の生産能力を5,280トンとすることとしました。

なお、当社では同事業において、米国アラバマ州(Thermalex, Inc.)及びタイ国バンコク市(Muang-Max(Thailand) Co., Ltd.)に製造・販売拠点を設置しており、日本を含めた4極体制にてグローバルな製品供給を行っております。

今回、成長著しい中国拠点の生産能力増強を図ることにより、同事業分野における競争力をより一層強固なものにして行きます。

<蘇州菱富鋁業有限公司の概要>
設立2004年9月
所在地江蘇省蘇州市蘇州高新区
資本金7億円
(今回の増設に伴い、本年末までに4億円を増資し11億円にする予定)
出資比率当社100%出資
法定代表人長谷川 潤
従業員数138名(2009年12月末現在)
生産能力2,640トン/年
売上高17億82百万円(2009年度実績)
敷地面積15,053㎡
建屋面積5,200㎡(増設後6,900㎡)
主な設備2750USTon押出プレス及び付帯設備
(同種の押出プレス及び付帯設備を増設)
事業内容自動車熱交換器用アルミニウム押出チューブの製造・販売

以上

お問い合わせ先: 三菱アルミニウム株式会社
総務部
(TEL : 03-3769-0111)

page top