ニュース

2007年2007年一覧へもどるニューストップへもどる

平成19年11月21日
三菱アルミニウム株式会社

電解コンデンサ用アルミ箔製品の加工賃改定について

三菱アルミニウム株式会社(社長:北村光一、本社:東京都港区芝二丁目3番3号)は、平成20年3月出荷分から、電解コンデンサ用アルミ箔製品の加工賃をキロ当たり30円以上値上げすることを決定しました。

電解コンデンサ用アルミ箔は、家電機器のデジタル化促進、車載用機器の普及拡大などのトレンドに支えられ、好調な需要が持続しています。この旺盛な需要に対応するべく、当社では人員シフト等による生産体制の強化により増産に努めていますが、残念ながら顧客からの引き合いを完全には消化し切れていない状況である一方、品質要求も一層ハードルが高くなっていくことは必至であると思われます。今後益々の需要拡大が予想される電解コンデンサ用アルミ箔製品について、安定供給を継続できる事業基盤を確保する為にも、同製品の加工賃改定に取り組まざるを得ない状況です。

当社では、原料であるアルミ地金価格の上昇に伴う材料ロス費用の高騰に加え、重油、圧延油、物流関連費および梱包資材などの副資材価格の上昇分を転嫁するため、今春にキロ当たり30円の加工賃値上げ改定を実施しましたが、その際の価格改定の積み残し分解消に加えて、4月以降更に高騰を続ける諸費用のコスト上昇が、生産性向上などの自助努力で吸収できる範囲を上回ったため、今回の加工賃改定実施に至ったものです。

以上

お問い合わせ先: 三菱アルミニウム株式会社
総務部
(TEL : 03-3769-0111)

page top