ニュース

2007年2007年一覧へもどるニューストップへもどる

平成19年1月5日
三菱アルミニウム株式会社
取締役社長 北村光一

平成十九年 社長年頭挨拶

当社は今年度上期、売上予算を達成し、予算を大幅に上回る経常利益を確保できましたが、先行手配していた安価地金の恩恵や子会社再編による特別配当などの要因もあり、実力とは言い切れません。また、連結対象グループ各社の業績をみると、当初計画を大きく下回ったところもあり、グループ全体としての収益基盤はまだまだ脆弱です。

下期に入り、自動車関連は依然堅調ですが、缶材や箔製品はやや苦戦しています。営業部門の価格是正活動、製造部門の生産性や品質向上の取り組み、海外を含むグループ各社の収益適正化等の課題のクリアが、予算達成の重要なポイントです。

今年の日本経済を取り巻く環境は、ビジネスの海外シフト、中国との競争激化、少子高齢化による労働人口の減少や資源価格高騰によるコストアップなどにより、厳しいものになると予想しますが、一方でホットフィニッシャーの導入という将来への大きな夢に向けての第一歩を踏みだす年でもあります。今年の会社方針を「成長・革新への限りなき挑戦」と定めましたが、まさにその通りのたゆまぬ努力をお願いしたいと思います。

現中期計画「チェンジ21」は、現時点までほぼ目標を達成し、着実に成果を挙げていますが、前述の厳しい環境を踏まえて、ローリング計画を策定します。平成二十二年本格稼動予定のホットフィニッシャーの早期戦力化に向けた四年計画として二月頃までに取り纏める予定です。

新年にあたり、特に皆さんにお願いしたいことが三つあります。

一、
当社がこれまで続けてきた努力に加えて、研究・生産・販売のほかCSRなど会社の仕組み全てを駆使して、お客様第一に考え、お客様のお役に立っていくことが大切です。
二、
国際化の進展に備え、社員一人ひとりが国際的視点で文化や宗教、語学などについて自ら考え、実践して下さい。
三、
会社は特定個人の力ではなく、全社員の努力の総和によって発展するものです。各自の持ち場、責任を自覚しきちんと発言することで、連帯感や一体感が生まれ、更なる結集につながります。

当社の今日は、歴代全社員の長期にわたる努力の積み重ねで成り立っています。これからも皆で努力を続ければ当社の未来は明るいと思いますので、全社一丸となって取り組んで下さい。

以上

お問い合わせ先: 三菱アルミニウム株式会社
総務部
(TEL : 03-3769-0111)

page top