ニュース

2006年2006年一覧へもどるニューストップへもどる

平成18年1月11日
三菱アルミニウム株式会社

アルミ箔製品の値上げについて

三菱アルミニウム株式会社(社長:野副明邑、本社:東京都港区芝二丁目3番3号)は、アルミ地金の高騰により、平成18年3月検収分からアルミ箔製品をキロ当たり70円値上げすることを決定しました。

対象となるアルミ箔製品は、プレーン箔、アルミ箔容器、家庭用アルミ箔の3分野で、プレーン箔については、既にコンデンサー用アルミ箔は全部、また建材、電子材料を主体とする産業資材用アルミ箔の大半が地金スライド制を適用しているため、今回は食品包装などに使われる軟包装用箔が主体となります。

アルミ地金価格は、平成16年の地金価格レベルから、キロ当たり70円強高騰しており採算割れの状態が続いております。この間、コストダウン努力を続けてきましたが、これも限界となったため、地金価格の高騰分を製品価格に転嫁することとしました。

以上

お問い合わせ先: 三菱アルミニウム株式会社
総務部
(TEL : 03-3769-0111)

page top