ニュース

2005年2005年一覧へもどるニューストップへもどる

平成17年1月5日
三菱アルミニウム株式会社
社長 野副明邑

平成17年 年頭社長挨拶

昨年四月より新中期計画「ニューダッシュ五十」がスタートしましたが、下期予算を達成しますと十六年度全体では、中期計画をほぼ二年前倒しして達成することになります。このため、現在、中期計画の見直しを行っています。

十六年三月期で累損は解消しましたが、市況好調のこの時期に、どれだけ前向きの手を打つことできるかが、会社の将来を大きく左右します。

連結経営重視の観点から、三菱アルミグループが持っているヒト・モノ・カネの経営資源を最適に組み合わせ、最大の効果を狙っていく必要があります。世の中の変化に俊敏に対応するため、従来のやり方にとらわれることなく、何が会社の将来にとってプラスになるか、という見方で経営に取り組んでいくつもりです。皆さんもそういう姿勢で仕事に臨んでいただきたいと考えます。

今年度の経営において、特に強調したいのは次の四点です。

一.
グループ経営、連結経営の重視と財務体質の改善により、グループ内の垣根をなくし、大切な情報がすばやく流れるようにします。また子会社の再編に積極的に取り組み、効率的な経営を進めます。
二.
リスクマネジメントを推進し、企業活動の中に潜んでいるリスク、危険な要因を洗い出し、予防手段を講じます。
三.
全社的品質保証体制を確立し、本社を含め全員が品質保証に責任を持ちます。今年は本社を含めISO活動に取り組みます。
四.
開発を重視し、世界市場で戦い、日本市場でも勝ち組になるため、そのスピード・アップを図ります。昨年末にマグネシウム事業室をスタートさせましたが、新規品の開発、既存品の改良両面でスピードを上げていきます。

平成十七年の会社方針は、「挑戦! 日々新た」 と定めました。

新しい年を迎え、日々心を新たに、挑戦する気概をもって仕事に励んで頂きたいと思います。

以上

お問い合わせ先: 三菱アルミニウム株式会社
総務部
(TEL : 03-3769-0111)

page top