ニュース

2004年2004年一覧へもどるニューストップへもどる

平成16年6月3日
三菱アルミニウム株式会社

新中期経営計画「ニューダッシュ50」を策定

三菱アルミニウム株式会社(社長:多田光男、本社:東京都港区芝二丁目3番3号)は、平成16年度からの3ヶ年計画である新中期計画を策定、4月1日から「ニューダッシュ50」計画としてスタートしました。

当社は、最大の経営課題であった累積損失の解消が確実となったことから、主力事業の拡充、海外事業の強化を図り、新たな将来の拡大発展策に取り組み、グループ全体で売上高1千億円、経常利益50億円超を常に安定して上げられる企業に成長することを目指します。

1.売上高、収益目標

(売上高) (経常利益)
平成16年度 (単体) 740億円 35億円
(連結) 1,020億円 45億円
平成17年度 (単体) 770億円 37億円
(連結) 1,040億円 50億円
平成18年度 (単体) 790億円 40億円
(連結) 1,080億円 55億円

2.重点事業戦略

  1. 主力事業の拡充・競争力の強化を図る。
  2. 1. 板 事 業 能力不足設備の連続操業と設備増強による生産能力増強
    2. 押出事業 重点販売の徹底、鍛造事業・バンパー材の強化
    3. 箔 事 業 コンデンサ箔の収益力強化
  3. 技術開発力を強化し、新規技術及び開発品(差別化・高付加価値製品)の市場化を急ぐ。
  4. 事業再編を促進し、三菱アルミグループの総合収益力アップを図る。
  5. 海外展開を推進し、海外事業の強化を図る。

  6. 1. 中国での押出熱交事業の展開
    2. 既存海外拠点の拡充・強化
  7. 復配を果たし、将来の株式上場に向け財務体質を強化し、連結重視の経営を目指す。

以上

お問い合わせ先: 三菱アルミニウム株式会社
総務部
(TEL : 03-3769-0111)

page top